ギャラリー

ギャラリー

おもてなし

Blancheur = 純白

初心を忘れず、純真な気持ちで料理と向き合う。
出会いと経験を通して、感性とセンスを磨き続ける

オーナーシェフの中本は「白い器に盛る」にこだわる。初心を忘れず、純粋でフラットな気持ちで料理と向き合う。盛り付け、ソースの艶にいたるまで、常に緊張感を持ちながら、ごまかしのきかない白い一皿に思いを込める。
パリの有名レストランで磨いた感性と技術が生かされ、さらにセンスが光る。

厳選食材

珍しい魚介やジビエでゲストをもてなす。
持ち味が際立つソースや付け合せにも手間を惜しまない

蝦夷豚・短角牛、冬には蝦夷鹿・野兎などを十勝から取り寄せ、趣向を凝らす。魚介は新鮮な北海道産に加え、九州の珍しい魚で、ゲストへのもてなしの気持ちを表現。
メイン食材の味を引き立てるために、ソースや付け合わせにも吟味を重ね、丹念に仕上げられる一皿。

朝採り野菜

豊かな大地の恵みに育まれた色鮮やかな西洋野菜。
季節感あふれる味わいに、お腹も笑顔もはじける。

札幌近郊の農園から届けられる西洋野菜は、鮮度がよく、それぞれに味わいが深い。朝採りのズッキーニ・パプリカ・トマト・ナス・エシャロット・ハーブなどからインスピレーションを得て、その日の料理に季節感を盛り込む。
15種類の夏野菜を使ったプレッセは、手間のかかった期間限定の渾身の一品。

シェフ&マダム

「ゆっくりと料理を堪能し、居心地のいい時間を」と、
ささやかれるような優しさが溢れる空間。

ゲストをにこやかに迎え、控えめなスタンスでもてなしてくれるのがフローリストとして活躍していたマダム。白いインテリアに添えられる花々は、マダムが手掛け、可憐に彩る。
2002年に夫婦一緒に渡仏し、シェフは“料理”を、マダムは“花”を学んだ。二人の夢が詰まった空間をお楽しみください。

Restaurant La Blancheur  < レストラン ラ・ブランシュール >

〒064-0821  北海道札幌市中央区北1条西28丁目2-35 MOMAPlace 3F 

[ TEL ] 011-621-0929  [ FAX ] 011-621-0929  [ 予約 ] 予約制
[ 営業時間 ] ランチ  / 12:00~13:30(L.O.)  ディナー / 18:00~21:00(L.O.) 
[ 定休日 ] 毎週火曜日と不定で1日  [ 駐車場 ] 昼 / 1台 夜 / 4台